Kazuma Kobayashi Sitar Improvisation! Vol.3 Rag yaman

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の新年一本目のYoutube作品は、シタールの演奏動画第三弾です。
インドでBedi先生に教わったラーガ(インドのヒンドゥスタニ古典音楽で用いられる旋法、音階)ヤマンをもとに自分なりに解釈して即興演奏を繰り広げています。
シタールのチューニングについてネットで調べてみると、2弦を張った状態が標準らしいのですが、インドでBedi先生に教わったのは2弦を張らずに3弦をSa(C、ドのインドの音名)で合わせるというものでした。憶測ですが流派による違いなのだと思います。
ちなみに共鳴弦については張り方も複雑で分からないですし、共鳴弦を使った演奏については教わっていないので共鳴弦を張っていない状態で演奏しています。
数千あるラーガを覚えるだけでも大変なヒンドゥスタニ古典音楽、ターラ(ヒンドゥスタニ古典音楽におけるリズム)をまったく無視した演奏ですが、お時間のある方はどうぞご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です