昨日はデイケアへ行って参りました。

日付け変わりまして昨日は私が通ってた精神科付属のデイケア(社会復帰を促す会みたいなものです)にOBとして、約3年来のデイケア時代の友人S君とK君二人と1年半ぶりくらいに顔を出して参りました。
午前のデイケアプログラムでは茶道、お抹茶の時間だったようで、OBとして臨床心理士さん、作業療法士さんなどのスタッフさんと共に午後からお茶の陶器や道具類の洗い物のお手伝いをさせて頂きました。

正直、私はまだOBといえるほど社会復帰を果たせていない身だと思い、OBというのはおこがましいのではないかと思いましたが、久々にお世話になったスタッフさん方とお会い出来てリフレッシュ出来ました。
ついでに私のホームページやYouTubeの宣伝もしてきました笑

そしてS君とは16時で別れ、そのままK君とカラオケに4時間、自分のライブの時よりも喉が潰れたんじゃないかというほど散々歌ってきました。

帰りの仙台駅構内で、ヒョウ柄のマフラー(?)みたいなものが落ちたのを見て、最初先頭を歩いていたカップルさんに「これ、落としませんでしたか」と声をかけ、違ったのですが、そのまた先頭を歩いていた綺麗なお姉さんに声をかけたらビンゴ、「ありがとうございます」と、いやはや、善行をすると気分が良いものですね。
自分も相手方も気持ちが暖まるものですが、悪い事をすれば悪い事がかえってくるのと同じで、良い行いをすると良い事がかえってくる、これが因果応報の法則ではないかと思います。
私はもちろん仏教徒で曹洞宗の宗派なのですが、親父の実家、山形の小林家の墓を弔ってもらっている住職の方は「お布施という形でお金をもらいますが、お布施というのはお金の事ではなく気持ちの問題、例えば人に親切にする事、良い行いをすること、それもお布施であり、人様にお布施をする事で自分にも良き事がかえってくる」のように仰られていました。
しかし因果応報の法則に乗っ取り始めから「見返り」を求めたお布施では、それは偽りなのではないか、そう思います。
自然に、見返りを求めず善行の出来るような人間になりたいものですね。

それはそうと、PS4買いました♪ 写真はPS4と、バトルフィールド4、ヘッドセット御三家です。
ゲーム中毒にならぬ範囲でこれからやり込んでいきますよ〜♪
image

水彩画で自画像を描きましたですの。

水彩画で自画像を描きましたですの。

、、、水彩画は水彩画で高難易度!
油絵と違って水を使うので、最初の色が気に食わなくても乾いちまったら重ね塗りも効かず終いでい。一発勝負の世界。

昔描いた黒木瞳の写真集からの模写、デッサンの紙が見当たらない、、、写真なんかのデータで残しておかなかった事を後悔。
結構うまく描けた作品なので見つかり次第アップします。
image

第十二回、仙台邦楽名曲演奏会を観てきました♪

今日は仙台市民会館・小ホールへ「第十二回邦楽名曲演奏会」を観に行ってきました♪
邦楽といいましても、長唄、地歌、日本舞踊などの純邦楽の演奏会で、昼の0時から16時まで、とても貴重なものを生で観れました。
人間国宝の富山清琴先生の地歌、三味線の演奏も聴くことができましたが、悲しい報せですがもうお一人、人間国宝の山本邦山先生が、今年の2月10日に急逝したとの事で、残念ながら山本邦山先生の尺八は聴くことが出来ませんでした。謹んでご冥福をお祈り致します。

私はまだ純邦楽に詳しくはないのですが、この演奏会に足を運んだそもそものきっかけは、武満徹御大の雅楽「秋庭歌一具」や、邦楽器と洋楽器でオーケストレーションされた「ノヴェンバー・ステップス」などが好きで、更に最近は能楽や狂言で奏される邦楽器、能管、小鼓、大鼓、地謡によるアンサンブルへの関心からこの演奏会を観たいと思い、足を運ぶに至ります。

インド音楽も大好きな私は、インド音楽のラーガ、アラブ音楽のマカームなど、トラディショナルな民族音楽における“モード、旋法”に位置付けられる純邦楽も、必然的に惹きつけられるわけであります。
もっと言うと私はファンクが好きで、自分の作る音楽の根っこにはファンクからの影響があるといっても過言ではありませんが、モーダルなファンク、ポピュラー・ミュージックの見地から見た、トラディショナルなモード・ミュージックとしての純邦楽は、大変興味深いものでした。
そして地謡、これは一般に「歌」ですが「歌声」というものは奥深いもので西洋の、現在普遍的に用いられている「平均律」では、くくる事の出来ないその民族特有の歌唱法、その微妙な、平均律の“ズレ”、こぶしだったり、音の揺れ具合で、その民族音楽を特徴付ける歌唱法が成り立つのですね。
“「音」は普遍的な物理現象であり、「音楽」は洗練された物理現象である”、これは私のホームページでも提唱している私の音楽観ですが「声」というものは、声帯器官というものは人の手で作られた楽器と違い、それぞれの、地球の人口だけの「声質」、楽器でいうと「音色」というものがあるわけですね。
そしてその「声」を、声帯器官を用いればどんな楽器にでも様変わりするのは、イタリアのプログレッシブ・ロックバンドの驚異的ヴォーカリスト、デメトリオ・ストラトスが、その驚嘆すべき歌唱法をもってして私にアルバムを、その音を通して教えてくれた事です。

そして終わったあと、画材と、葛飾北斎の画集を購入。
ここからは小話ですが、仙台駅近くのカフェ・クロワッサンに帰りに立ち寄ったのですが、喫煙スペースで教材を広げ、文字だらけの紙に紙を連ねる、勉学に励む大学生と思わしきカップルが、、、
坊主頭にスタイリッシュなメガネ、白と黒の拡張イヤリングを二つ、耳に着けたインテリ・パンク的ファッションの男性に抱擁に頬に接吻三昧する女性がいて、、、
思わぬフランス人化したカップルに、勉学に励みながらも愛も蔑ろにしない「アカデミック・ラブ」とタイトルを付けたくなりました。
ついこの間精神科医女医と別れた私には辛いものがありましたが「カフェ・クロワッサン、Cafe Croissant」、フランス語だし、フランス化現象もアリかなと思って締めた今日一日でした♪
image
image
image

昨日の水彩画と画集

1枚目の写真は昨日の朝に描いた水彩画の一枚目です。
自宅の外の庭を描いたのですが、朝の寒さに耐えられず、それと水彩画の勝手が分からず、油彩の下絵みたいになっちまいましたが、水彩画一作目という事でご愛嬌で^^; 水彩画は水彩画で難しいなあ〜、、、

それと2枚目以降は私が過去に描いた油絵、デッサンです。下手の横好きってやつですが、この機会に画集にしてみました。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

水彩画始めまっせ、ダンナッ♪

今日は水彩画セットと、デッサン用にミケランジェロのミニチュア石膏像を購入♪

元々前の住居のマンションをアトリエにして油絵を描いたりもしてたものですが、油絵は絵の具や筆はもちろん、何よりもキャンバスの単価がお高く、そういった経済的事情や、その上一度服や壁や床に付くと拭いても洗っても取れないので、現在の親父の社宅では油絵はNGって事で現在はマンションのアトリエ(兼不動産)に行くことも無くなり、描いていませんでしたが、水彩画ならばお値段もお手頃な紙でキャンバス代は浮くだろうという事で音楽活動で煮詰まった時の代替の芸術活動として水彩画に手を出す事にしました。

しかしまた水彩画用の筆や絵の具は買い足していかねばなりませぬ、、、油絵も水彩も筆は兼用で使えればいいのにな〜、、、

ちなみに白い額の写真は私がデジタル一眼レフカメラで撮影した愛犬の写真です。
それと、おまけで置物シリーズ笑 キリスト教的宗教観を感じさせるドレスを着た女性の置物(親父が頂いたもので、結構高値なものらしいです)と、ミケランジェロの石膏像のヨーロッパで挟まれた、真ん中は突拍子もなく、インドネシアはバリ島産の置物。サイケデリック・ロックとキリスト教音楽のフュージョン的アルバム、ドイツのバンド、ポポル・ヴーの「ホシアナ・マントラ」が頭で鳴りそうです事よ。
image
image
image

シタールインプロ演奏動画第二弾! Sitar Improvisation Vol.2!

私のシタールのインプロ動画第二弾です。
タブラはおろか打楽器などのリズム隊もナシで、シンプルなヴィラヤットカーンスタイルのシタールでどこまで独奏楽器として機能するか、インプロで演奏してみました。

胸がジンジンする時は、ジンで何杯もやっちゃおうぜ!

言わずと知れた有名なジン、ロンドンビーフィータージンです。
ジンやウォッカ、冷凍庫で冷やして呑むと、トロッとしてこれが美味いんですよね! 美味いっていうか、酔うための酒、みたいな感じでありますけども笑
私は精神安定剤服用してるもので最近禁酒してたのですが、ここ数日連日アルコールも服用しちゃってます^^;

少々控えねば、、、
image

ラフに呑もうぜラフロイグ

銀河高原ビール350ml→プレミアムモルツ500ml→で、現在ラフロイグの10年物を呑んでおります。
このラフロイグ、プロントで呑んで以来、ハマってしまい、独特なので好き嫌いは分かれると思いますが、そいつにハマってから、いわゆるブレンデッドウイスキーはあまり受け付けなくなってしまいました。
このアイラモルト、スコッチ・ウイスキーのラフロイグにミネラルウォーター数滴垂らすと味の広がりや香りが更に芳醇に様変わりします。
18年物も呑んでみたいですね。ただこの10年物ですらお高く、大事に呑んでいるので、中々手が出せませぬ、、、

っていうか10年物ですら若造には贅沢だ!image